立ちのぼりくる落ち葉の匂い【俵万智さんの子育て歌集「たんぽぽの日々」より】

10-17-2023
外遊び終えたズボンを洗うとき たちのぼりくる落ち葉の匂い

お子様のズボンを洗うとき、まずするのはポケットの点検ですね。
俵万智さんが幼かった息子さんのポケットの点検をしながら感じた思いをうたった歌を取り上げてみました。(広報担当 Y.N)


息子のズボンを洗うとき、まずしなくてはならないのが、ポケットの点検だ。うっかりして、石ころやハッパや虫を、洗濯(?)してしまったことが何度もある。
男の子のポケットというのは、ほんとうにおもしろい。なんでこんなものを、後生大事に持ち帰ってくるのか・・・・・・という類のものが、必ずといっていいほど入っている。
「おかあさんに、おみやげ! ごっぱ(・・・)だよ」と、よれよれになった(どう見ても三つ葉の)クローバーを取り出してくれたりすると、ちょっと嬉しいけれど、おみやげは時に、得体のしれないプラスティックの破片だったり、グチャグチャになったふりかけの袋だったり、蝶の羽らしきものだったり。

汚いものや危ないものに、思わず顔をしかめることもあるけれど、誇らしげに出されると、受け取らざるをえない。
「どこで、ひろったの?」
「ようちえんのね、おすなばのところ」
「おすなばに、これが埋まっていたの?」
「そうじゃなくて、あんちゃんが、こっちおいでっていって、おみずじゃーってして、おもしろかった」
「ん? おみずじゃーしたら、これが出てきたの?」
「そうじゃなくて、これはなおとくんにもらった」
まだ断片的にしか話せないことも多く、話があっちこっちに飛んでしまうのだが、それがかえって、こちらの想像力を刺激する。

二十四時間一緒だったころと違って、自分のいないところで、いったいどんな経験をしているのだろうか。パズルのピースをつなげるように思い描いてみるのだが、全体像はおぼろなままだ。
それは不安でもあるし、頼もしいことでもある。幼稚園に行きはじめたころなどは、真剣に「透明人間になって、一日はりついていたい!」と思ったものだ。でもたぶん、親から離れて過ごす時間こそが、子どもを成長させるのだろう。子どものポケットを点検しつつ、あれこれ想像しながら、つい知りたがってしまう自分に言いきかせている。

※男の子のズボンのポケットの中。確かに不思議なものが入っていますね。虫をいっしょに洗ってしまったら、と思うとぞっとしますが・・・。
秋のズボンは落ち葉の匂いに包まれていることでしょう。ポケットの中のおみやげは、くしゃくしゃになったイチョウの葉や、どんぐりかもしれませんね。(広報担当 Y.N)

〇ご利用になりたい方、内容についてのお問い合わせ先はこちらです。
お問い合わせ先

〇ベビー&キッズシッターサービスの内容と料金はこちらです。
サービス内容と料金


〇 ベビー&キッズシッターなどの仕事をしたい方の求人情報はこちらです。
求人情報

関連記事

絵本 ティラノサウルスシリーズ [おまえうまそうだな」&「おまえうまそうだな さよならウマソウ」

絵本 ティラノサウルスシリーズ [おまえうまそうだな」&「おまえうまそうだな さよならウマソウ」

絵本作家、宮西達也さんによるティラノサウルスシリーズが2023年に20周年を迎えました。宮西氏は2003年から20年間の間に16巻のティラノサウルスシリーズを出版し、シリーズは今や世界的に大人気! アメリカ、フランス、中国、韓国などで翻訳出...

Pin It on Pinterest

Share This