雨の日の絵本 ~ベビー&キッズシッターの読み聞かせ~

06-03-2022

雨の季節。ベビー&キッズシッターの私は、雨の日は読み聞かせができるので大好きです。雨音を聞きながら、気持ちを込めて「雨の日の絵本」を読むと心も水玉になって踊るよう!
私の好きな「雨の日の絵本」をご紹介します。
(ベビー&キッズシッター Y.H)

てるてるぼうず

作・絵:おぐまこうじ
出版社:くもん出版
対象年齢:0歳から

なんともかわいいてるてるぼうず。
でも、幸せそうだったり悲しそうだったり、表情が読み取れるのです。
移り変わる美しい背景。
ぽつぽつ ぴちょんぴちょん 
擬音語だけの文章。
赤ちゃんに読み聞かせると、てるてるぼうずの表情をじ~っと見つめます。
その様子もかわいくて、読み手もほっこりする絵本です。

あめかな

作・絵:U.G.サトー
出版社:福音館書店
対象:0歳以上

赤いしずく、青いしずく・・・
そして紫、群青、エメラルドの雨がざあざあざあ
七色の雨が降り、最後は桃色の光が・・・・。
紙に色とりどりのインクを流すという独特の手法で描かれた色彩豊かな、美しい絵本です。
見ているだけで、雨のハーモニーの世界に引き込まれて行きそう。
お子様の目も、絵本に吸い込まれそうになります。


ぞうくんのあめふりさんぽ

作・絵:なかのひろたか
出版社:福音館書店
対象年齢:3歳以上

雨の季節に欠かせない大好きな絵本。
おなじみ、ぞうくんは、雨が降ってもごきげん。雨の中を散歩に出かけます。
かばくんを誘うと「いけのなかならいいよ」
さあ、どんな散歩になるでしょう?
最後の「ばっしゃーん!」で、お子さまはうれしくて大笑い!!
私も一緒に大笑い!!
雨の日に心から晴れ晴れする絵本です。

おおかみこどもの雨と雪

原作:細田守
出版社:KADOKAWA
対象年齢:5歳以上

細田守のアニメ「おおかみこどもの雨の雪」の絵本。
雪の日に生まれた「雪」と雨の日に生まれた「雨」。ふたりはおおかみこどもでした。
いろいろな事件に遭遇しながら成長していく姉弟。
人間として生きるのか、それとも・・・・。
読み聞かせている私はつい、母の気持ちになって、ちょっと涙ぐんでしまったり・・・。
アニメも良かったなあ・・・・。

(ベビー&キッズシッター Y.H)

〇ベビー&キッズシッターサービスの内容と料金はこちらです。
サービス内容と料金


〇ご利用になりたい方、内容についてのお問い合わせ先はこちらです。
お問い合わせ先

関連記事

ワンオペ育児の力強い味方

ワンオペ育児の力強い味方

突然始まったワンオペ育児の悩みをベビー&キッズシッターの利用で乗り越えられたというご利用者様の嬉しい手記です。 夫は子育てに協力的...

保育マインドが起こした奇跡 【スペシャルニーズサポートを必要とするお子さまとの10年の歩み 2】

保育マインドが起こした奇跡 【スペシャルニーズサポートを必要とするお子さまとの10年の歩み 2】

スペシャルニーズを必要とする発達障害のあるAくんと、ベビー&キッズシッター N.Fさんは10年間ともに歩いてきました。3歳になったAくん。日々の保育マインドに溢れたかかわりが色々な奇跡を起こします。 雨降りの日の楽しいできごと...

Pin It on Pinterest

Share This