クリスマスの絵本を探しに行きました

12-20-2021

もうすぐクリスマス。私は毎年クリスマスプレゼントに必ず本を1冊添えたプレゼントをします。今年は「クリスマス」をテーマにした本を探しに。
ずらりと並んだクリスマスの本のコーナー、どれも素敵な本ばかりです。(保護者 Y.O)

おおきいツリー ちいさいツリー

作・絵 ロバート・バリー
訳   光吉 夏弥
出版社 大日本図書

まず、気になったのがこの本でした。
「もっと大きなクリスマスツリーがほしい!」という3歳の娘にぴったり! と思って開いてみました。
お屋敷に、トラックでとどいたクリスマスツリー。青々とした、見たこともないくらい大きなツリー。
さっそく飾りますが、大きすぎて天井につっかえてしまいます。
そこで木の先っぽをばっさり。切られた先っぽを小さな部屋に飾ると、ちょっぴり大きくて、はさみで先っぽをちょきん。その先っぽが切られ・・・次々にちょきん。動物たちも登場します。
どんどん小さくなるツリーが次にどうなるのか、つい引き込まれてページをめくってしまいました。


サンタクロースと小人たち

作・絵   マウリ・クンナス
訳     稲垣 美晴
出版社   偕成社

 

まず、表紙の赤い色と小人たちの表情、細かい描写に目が留まりました。このサンタクロースの小人たちは何をしているのでしょうか?

どのページを開いても小人たちが大活躍。
おもちゃを作ったり、絵本やゲームを印刷したり、人形の洋服を縫ったり・・・。
その様子がとても詳しく描かれています。よく見ると動物たちがあちこちから顔をのぞかせています。
娘が夢中になりそう。
しかも、絵本の中に「日本」という言葉や国旗を発見! 私が嬉しくなってしまいました。


サンタさんからきたてがみ

作    たんのゆきこ
絵    垂石 眞子
出版社  福音館書店 

クリスマス前に、娘はサンタさんにお手紙を書きます。でも、サンタさんから来た手紙 って?

クリスマスの前の日、ねずみの郵便屋さんは雪で転んで手紙を落としてしまいました。
そして一通だけ宛名が濡れて読めなくなってしまいました。
真面目な郵便屋さんはとても落ち込みます。しっぽを引きずってしょんぼりと歩く絵が、何とも悲しそう。動物たちがいっしょに考えてくれて・・・ 


さて、誰にきた手紙だったのでしょう……? 娘と考えてみることにしようかな?


サンタさんのお仕事マニュアル



作     クリストファーエッジ
絵     ティム・ハッチンソンほか
出版社   大日本絵画

つい、本の名前とプレゼントそのものの表紙に惹かれて手に取りました。
サンタさんにそろそろ疑問を持ち出している小学1年生の甥っ子が興味を持ちそうな本です。

とてもよくできたしかけ絵本。
サンタさんの仕事マニュアル、トナカイの操り方、プレセントの取り扱い方、そ~っと煙突を降りたのに子どもに見つかったら? など、サンタさんに役立ちそうな詳しいマニュアル本。
しかけをめくると発明やヒミツの装置なども。ワクワクしてきます。


どの本を買ったかは、ヒミツ! 
時には本屋さんに実際に行って、絵本を手に取って見るのも楽しいですね。
もちろん「見本」と書かれた本を手に取りました。

プレゼントを開けて喜ぶ顔を見るのが今から楽しみです。(保護者 Y.O) 

〇ベビー&キッズシッターサービスの内容と料金はこちらです。
サービス内容と料金


〇ご利用になりたい方、内容についてのお問い合わせ先はこちらです。
お問い合わせ先

〇 ベビー&キッズシッターの仕事をしたい方の求人サイトはこちらです。
ほいくりっく(ベビー&キッズシッター求人サイト)

関連記事

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格

子育てが一段落、特に資格を持たない私が、何か社会の役に立つ仕事をしたいと思って、探し出したのがベビー&キッズシッターの仕事。子育て経験を生かして、自分のできる時間に家事と両立しながら、できそうです。...

Pin It on Pinterest

Share This