お子さまのお食事実況中継 【スペシャルニーズサポートを必要とするお子さまとの10年の歩みから】

08-02-2021

こぼさずに上手に食べることがまだ難しいお子さまのお食事タイム。
ベビー&キッズシッターのN.Fさんは、お食事の実況中継を始めました。
さて、どうなるのでしょうか?(広報担当 Y.N)

「実況中継が始まります! Aちゃん、カレーとご飯を混ぜ始めました!」

夕食はお子さまの好きなカレーライス・・・。こぼさずに上手に食べることがまだ難しいです。
そんなお子さまのお食事タイムに実況中継をしてみました。
「Aちゃん、カレーとご飯を混ぜ始めました!」
「お顔は真剣です。」
「おなかがすいているのでどんどん食べています。」
「あ! ニンジンをこぼしてしまいました。」
「今度はこぼさないで食べれるでしょうか?」
私の実況中継を聞いているお子さまは、笑顔でお食事を続けました。(ベビー&キッズシッター N.F)

★「実況中継」・・・保育マインド溢れる素晴らしいアイディアですね!
Aちゃん、きっと楽しくなってお食事も進んだことでしょう。
つい、「ほらほらまたこぼして・・・。」
「どうしていつになってもきちんと食べられないの?」
などと自分の気持ちをそのままお子さまにぶつけて、ネガティブなことばをかけてしまうことがありますね。
これでは、お子さまはますます食べるのが嫌になるでしょう。
一歩離れた視点から、お子さまの心に響くためにどう働きかけたらよいか、「保育マインド」を大切にして考えれば
こんな素敵なアイディアが生まれるのですね。
「実況中継」いろんな場面で使えそうです。(広報担当 Y.N)

ゼリーは飲み物ではないよ

デザートのゼリーのカップを傾け口に当てているお子さまに
「ゼリーは飲み物ではないよ。」と伝えました。
一瞬手を止めたお子さまが再びカップを傾けました。
「えー?! 飲んじゃうの?」
と言うと、お子さまは笑いました。
その後、スプーンを使用して食べましたが、
最後の一口はカップに口を付けて「ゴックン」と満足そうでした。
「あらら・・・」と思いましたが、お子さまは楽しくお食事ができたようでした。(ベビー&キッズシッター N.F)

★ゼリーの透明な美しい色を見ていると、飲んでみたくなりますね。
途中まで言われたとおりにスプーンで食べてみたけれど
やはり飲んでみたかったゼリー最後の一口。
さぞおいしかったことでしょう!!(広報担当 Y.N)


「スペシャルニーズサポート」とは、自閉症・ダウン症など障害のあるお子さまのサポートです。

料金とサービス内容についてはこちらをご覧ください。

●お申込み、ご相談窓口はこちらです。

(写真と内容は関係ありません。)

関連記事

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格

子育てが一段落、特に資格を持たない私が、何か社会の役に立つ仕事をしたいと思って、探し出したのがベビー&キッズシッターの仕事。子育て経験を生かして、自分のできる時間に家事と両立しながら、できそうです。...

Pin It on Pinterest

Share This