子どもの成長に感動できるベビー&キッズシッターの仕事。

02-03-2021

ベビー&キッズシッターは「あれ? 前はこんなことができなかったのに!!」という子どもの成長に気づいたとき、太陽の光が降り注いでくるような感動を覚えます。
「子どもの成長」を一緒に喜んでくれるベビー&キッズシッター、保護者の方も心から信頼して預けたいと思われるのではないでしょうか?

あ~ かゆかったわ

ご兄妹とドッジボールをしました。塾の勉強で多忙な4年生のお兄さん、珍しく参加です。お兄さんはストレスを発散させて大活躍。
そのうち4歳の妹さんの顔にお兄さんの体がぶつかりました。妹さんは一瞬顔をしかめ、ほおを手で覆います。そして
「あ~ かゆかったわ!」
と声を上げたのでお兄さんと私は爆笑でした。
もちろんほおの様子をしっかり確認しましたが、赤くもなっていないのでホッ。
以前の妹さんでしたらすぐ泣きました。
そのとき、とっさに出たかわいい一言。
汗をたらしながら久しぶりに兄妹で楽しんでいるドッジボールをやめたくない、少しくらい痛くったって平気! という心意気が伝わってきました。成長しましたね。
(T.Y)

妹さん、本当は泣きたいくらい痛かったのかもしれませんね。でも泣いてしまうと、久しぶりに兄妹で楽しんでいるかけがえのない時間が壊れてしまう!! そこでとっさに出た一言が、みんなを爆笑のうずに巻き込んで!!
すばらしい成長ぶりですね。
(Y.N)

3人合わせてガラスリー

「3人合わせてガラスリー」
これがS家の2人の男のお子さまと私の合言葉です。
なんと、S家の2人の男のお子さまと私はまだガラケーを使っているのです。
でも、男のお子さまたち、そろそろスマホが欲しくなってきました。
中3になるお兄さんは「スマホだとLINEもできるし。」
小学生の弟さんは「みんなが持っていてゲームしているし。」
私は「本当は便利だけどまだ必要ない。」
そこでお父さまがプランニングしてちょっとした「ガラケーVSスマホ」の会議が始まりました。
みんなで発言して考えたり、笑ったり・・・。

「幼稚園、赤ちゃんだった時にはこんな会議は出来なかったね。」
突然、2人の男のお子さまたちと初めて会った日のことが目に浮かんできました。
そして思わずつぶやいた言葉は
「老後もよろしくね。」
大笑いの中で会議は終幕しました。
(H.E)

会議の結論はどうだったのでしょうか? そろそろスマホの時代かもしれませんが。
Eさんのつぶやきにびっくり・・・! ご兄弟の成長を約10年間見守って来たのですね。
「産前産後サポート」から始まり「育児サポート」を経て今は「学童サポート」。ベビー&キッズシッターの仕事はご家族との長く深い絆に結ばれています。
(Y.N)

(写真と本文は関係ありません。)

関連記事

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格

子育てが一段落、特に資格を持たない私が、何か社会の役に立つ仕事をしたいと思って、探し出したのがベビー&キッズシッターの仕事。子育て経験を生かして、自分のできる時間に家事と両立しながら、できそうです。...

Pin It on Pinterest

Share This