身も心も空腹だった私を救ってくれた産前産後サポートのシッターさん!

01-28-2021

「好きな時に寝る」「食べたいものを食べる」
そんな当たり前の日常が、赤ちゃんを産んだとたん、当たり前でなくなる。
赤ちゃんは可愛いけど、オムツ換えと授乳の無限ループの間に無常に日は暮れていく。
そんな孤独と寝不足で、身も心も空腹だった私を満たしてくれ、育児を楽しくしてくれた産前産後サポートのシッターさんたち。
同じような思いをしているママたちに、私の体験をお伝えします。


暗闇の中で炊飯器に頭をつっこんでいた?!

産後びっくりしたことの一つに、「異常な空腹感」がありました。毎日毎日、一歩も外に出ないことも多いはずなのに、いつもお腹がグーグー・・・
幸いなことに母乳の出に恵まれ、赤ちゃんもたっぷりと飲んでくれたので、食べても食べても、すぐにそれは栄養となり、母乳となって赤ちゃんにすべて吸い取られていくようでした。
毎朝炊きあがる三合のご飯は夕方までに空っぽになり、炊きなおすので炊飯器は24時間フル稼働。夜中も授乳のついでにとにかく食べたい。のそのそと起き出しては塩むすびを握っていましたが、できれば炊飯器からそのまましゃもじですくって口に運びたい、と思うくらい、常に動物的な空腹感に満ちていました。
米びつのお米の減り具合が尋常ではないのと、暗闇の中で炊飯器に頭をつっこんでいた(ように見えた)私に衝撃を受けた夫が思わず発した、「飯くわぬ嫁!!(飯を食べないお嫁さんをもらったと思っていたが、実は夜中に頭に開いた大きな口に握り飯を放り込んでいた、という昔話)」に苦笑・・・。

「いただきます」言った瞬間赤子泣く

そんな私の楽しみとなったのが、産前産後のシッターさんの作ってくれる美味しいお食事をゆっくりいただけること。
一人で赤ちゃんをみていると、オムツ換えに妨げられながらやっとこさ作ったご飯も、温かいうちに食べられません。「さあ食べよう!」という時に限って、なぜか赤ちゃんがぐずりだす・・・特にパスタ、ラーメン、そば、うどんなど、麺類が大好きだったのですが、産後はすっかりNGメニューになってしまいました。片手で赤ちゃんを抱っこして揺らしながら、冷えて伸びきった麺類をいただく悲しさといったら…。
『「いただきます」 言った瞬間 赤子泣く』
などと、育児あるある川柳をつぶやくことで自分をなだめながら、空腹で孤独な毎日を送っていた私にとって、シッターさんが来てくれる日は「温かい食事を温かいうちに食べる」ことができ、大好きな麺類もいただける、本当に幸せなひと時だったのです。



産前産後サポートができるシッターさんはあちこちで引っ張りだこらしく、毎回同じシッターさんをお願いすることはできないこともありましたが、それも私にとっては、「シッターさんによってお食事の味が違う」と、ちょっとした楽しみになっていました。私は食事制限のある母乳指導を受けていたのですが、それも伝えると限られた食材・調味料の中で、皆さん上手に様々なお料理を作ってくださいました。
自分で作るとどうしても同じようなものになってしまうのですが、レシピを聞いたり、色々なバリエーションのお食事をいただけるのは、外食もままならなかった私にはありがたいことでした。

私と同じような思いをしているママたちに、ひろくこのサービスが行き渡ればよいなと、思っています。
 (Y.S)              

(写真と本文は関係ありません。)

関連記事

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格

子育てが一段落、特に資格を持たない私が、何か社会の役に立つ仕事をしたいと思って、探し出したのがベビー&キッズシッターの仕事。子育て経験を生かして、自分のできる時間に家事と両立しながら、できそうです。...

Pin It on Pinterest

Share This