保育記録から伝わる成長の姿 【季節感に溢れたベビー&キッズシッターの保育記録から】

11-30-2020

10月のベビー&キッズシッターの保育記録の中から4つの季節感にあふれたエピソードを集めてみました。お子様のいきいきとした言葉から成長の姿が伝わってきます。

くらげ博士のハロウィン準備

Nくん 3歳      ベビー&キッズシッター O・M

久しぶりにお会いしたNくん。”くらげ”についてますます詳しくなっていました。
「ぼくはイケメン?」と尋ねるNくん。
ベビー&キッズシッターが「Nくんはイケメンのくらげ博士だよ!」
と答えると
「うふふ」とかわいいNくん。

ハロウィンにむけてかぼちゃとおばけの飾りを作りました。
「お化けらしい目でしょ?」と上手に描いていました。

※Nくんは“くらげ”に興味を持っているのですね。大好きなものは徹底的に吸収して大人顔負けの知識をぐんぐん備えていく3歳児です。造形活動として、ハロウィンの飾りを作りました。

かぼちゃ 作ろうよー

Kくん 2歳   ベビー&キッズシッター S・.T

「Tさん、かぼちゃ 作ろうよー。」
以前に作ったことを覚えているKくんでした。
かぼちゃを折り紙で折り、Kくんが目、鼻、口をかぼちゃにはります。顔の認識ができています。
麦茶のびんにハロウィン用のかぼちゃをはりました。
「Kくん、この中に何を入れるの?」
「キャンディ!!」      

※Kくん、以前作ったカボチャの作り方を覚えていたのですね。ハロウィンの楽しい造形活動ができました!

ツツジとひつじ

Kくん 3歳    ベビー&キッズシッター T・H

保育園からの帰り道、公園の横を歩いていると赤いツツジの花が1輪だけ咲いていました。
「これはツツジというお花だよ、寒いけど頑張って咲いているね。」
とシッターが話すと、
突然「メーリさんのひつじ、ひつじ、ひつじ♪♪♪」
一曲さーっと歌いきって「キャハハハ」と笑うKくんでした。
もしかしてツツジとひつじ??
とってもユーモラスなひとコマでした。

お家では、Kくんリクエストのハロウィンの絵本を読みました。
静かに見ていました。怖かったのでしょうか?

※「ツツジ」から「ひつじ」の歌が突然出てきてベビー&キッズシッターもびっくり! 
Kくんも自分で大うけ! 
「読んで!」と頼んだハロウィンの本は少し怖かったのかもしれませんね

どんぐりコロコロ

Mちゃん 2歳     ベビー&キッズシッター O・M

保育園から戻られたMさんと公園へ出発。
Mさんのおもちゃのベビーカーを押して行きました。
遊んでいるお子様はいなかったので貸し切り状態でした。


そこで「どんぐり」を発見。
どんぐりをお砂ケーキのデコレーションにしたり、滑り台から転がしたりして楽しみました。
お土産にどんぐりと帽子の枝をお持ち帰りしました。

※貸し切り状態の公園でどんぐり発見! おうちに持ち帰ったどんぐりは何に変身したのでしょうか?

関連記事

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格

子育てが一段落、特に資格を持たない私が、何か社会の役に立つ仕事をしたいと思って、探し出したのがベビー&キッズシッターの仕事。子育て経験を生かして、自分のできる時間に家事と両立しながら、できそうです。...

Pin It on Pinterest

Share This