ベビー&キッズシッターが選んだクリスマスの絵本 

11-27-2023

クリスマスが近づいてきました。子どもたちの大好きなクリスマスとサンタさん。町中がきらきら輝くし、サンタさんにお願いすればプレゼントがもらえるし。
今年の書店の売り場もクリスマスの本がこぼれ落ちそう。この中から印象的な絵本を4冊ご紹介します。

めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス

作・絵 せなけいこ
出版社 ポプラ社
対象年齢 1歳から

「いやだいやだ」「ねないこだれだ」などの絵本でおなじみ、せなけいこさんの温かい貼り絵の表紙。「クリスマスったらクリスマス」というリズミカルな絵本の題名。
思わず手に取ってみたくなります。

めがねうさぎのうさこはクリスマスが大好き。サンタさんを楽しみに待っています。
でも、サンタさんはくまさんの家でグーグージュースを飲んで、ぐーぐー眠ってしまいました。
プレゼントは無事に届いたのでしょうか?

「クリスマスったらクリスマス なんといってもクリスマス♪」
といううさこの歌が、リズミカルでなんとも楽しい。
せなけいこさんのユニークな世界の広がる絵本です。

100人のサンタクロース

文・絵 谷口智則
出版社 文渓堂
対象年齢 3歳から

たくさんある絵本の中でもひときわ目を引く表紙。
「ここは100人のサンタクロースがすむまち」という最初の文にひきつけられます。
100人のサンタクロースは一人一人個性的で、みんなそれぞれクリスマスの準備に大忙し。
「どのサンタさんが好き?」なんて言いながら、お気に入りのサンタさんをさがしても楽しそう。なんと裏表紙に100人のサンタさんの名前があります。

みんなにプレゼントを配った後サンタさんたちにはヒミツの楽しみがあるそうです。一体何でしょうか?

日本だけでなく、フランスやイタリアなど海外でも数々の絵本を出版する谷口智則さんの作品。サンタさんたちの住んでいる家や洋服も、びっくりするほど可愛らしくて、サンタさんたちの世界に入っていきたくなるような絵本です。

サンタクロースは空飛ぶ宅配便ではありません

作 市川宣子
絵 高橋和枝
出版社 ポプラ社
対象年齢 小学1年生から

書棚の端にありましたが、題名にひかれて手に取ってみました。
2023年10月初版の新しい本。
クリスマスが近づいて、みんながうきうきしてくるころ、三太くんはうんざり。なぜって、三太くんは「黒須三太(くろす・さんた)」という名前だから。そして、今年は1年生の間に「三太くんにお願いの手紙を書けば、クリスマスにはほしいものがもらえる」なんていううわさがたっているらしいのです。・・・
続きを読みたくなりますね。

すべての漢字にふりがなつきで読みやすく、子どもたちの冬の読書が楽しくなりそう。クリスマスプレゼントにもぴったりです。

まほうのよるに はじめてサンタのそりをひいたトナカイのおはなし

作・絵 マット・タバレス
訳 前沢明枝
出版社 世界文化社
対象 小学生~大人

NYタイムズベストセラーに選ばれたクリスマス絵本。日本では2023年10月に出版されました。
美しいイマジネーションによる文とドラマチックな絵で、トナカイがサンタのそりを引き、クリスマス・イブに世界中の空をかけめぐるようになるまでの奇跡の物語を描いています。
子どもばかりでなく、大人にも感動を与える絵本です。

お子様と一緒に「サンタさんにどの本をお願いしようかな?」
と書店をのぞいてみても良いかもしれませんね。
(ベビー&キッズシッター Y.N)

〇ご利用になりたい方、内容についてのお問い合わせ先はこちらです。
お問い合わせ先

〇ベビー&キッズシッターサービスの内容と料金はこちらです。
サービス内容と料金


〇 ベビー&キッズシッターの仕事をしたい方の求人情報はこちらです。
求人情報



関連記事

孫をベビーシッターに預けるとき  

孫をベビーシッターに預けるとき  

孫を急にベビーシッターに預けることになりました。突然40度の発熱、保育所では預かってもらえないので1日は母親が会社を休んで病院に連れて行き、自宅で世話をしましたが、2日続けて休むわけにはいかないし、あいにく父親は海外出張中だということです。...

ベビーシッターが選んだ鉄道の絵本

ベビーシッターが選んだ鉄道の絵本

電車、汽車・・・鉄道って気持ちをワクワクさせますね。何両もつながって重い音を立てながらホームに入ってくると、風が巻き起こり、たくましい感じ。走り出すときのちょっとスリルのある瞬間。降りるときの残念な気持ち。軽快に走っていく姿も美しい・・・。...

Pin It on Pinterest

Share This