言葉を聴く 【ベビー&キッズシッターとして大切にしていること】

03-20-2023

私が仕事をするうえで一番大切にしていることは「子どもの言葉を聴く」ということです。
保育記録には、必ずお子様の言葉を書くように心がけています。そのためには、保育中にお子様の話す言葉に耳を傾ける必要があります。そして、そのことでお子様の心の声を聴くこともできるのです。
これは、2歳男児のある日の保育の記録です。

「ここ暖かい」「ここ寒い」

「ねえ~ お散歩行こうよ~。」
Sくんが私の腕を引っ張りながらおねだりをします。
「わかった! Sくんのリクエストにこたえて、これからお散歩に行きましょう。」
Sくんに1枚コートを着せると、池のある公園に行くことにしました。
自宅から、住宅地の中の道を歩いていきます。

風がまだ冷たいので、できるだけ日の当たっているところを歩くようにしました。
日の当たっているところを歩くと
「ここ暖かい」
日陰に入ると
「ここ寒い」
都度可愛くリアクションしてくれます。

「あッ エー ビー シー!」
看板にアルファベットを見つけると、うれしそうに立ち止まって見上げました。

近くの公園は、自然がいっぱい。
池のコイをしばらく眺めました。
手をたたくと集まってくるかな?」
Sくん、小さな手をたたくと、コイが集まってきました。
「何も食べ物はないんです。バイバイ コイさん!」
コイにさよならして、帰宅。

「お客様、お水をたくさん飲みますね~」

おままごとセットでお店を開きました。
「お客様、お水をたくさん飲みますね~。」
と、お店の人になりきってセリフを言っていました。

そこで、私が「Sシェフ、今日は何のお料理を作ってくれますか?」
と聞くと
「うふふ Sシェフ・・・」
と、Sシェフという名前がとっても気に入ったようでした。                                

オレンジのボールを「みかん」と言って、おはしで一生懸命つかもうと頑張るSシェフ!
なんともかわいかったです。

(ベビー&キッズシッター  A.U) 

※お子様の言葉を記録できる ということは、お子様の言葉に耳を傾けて聴いているからできることです。
「言葉を聴く」保育者がいるから、お子様は生き生きと遊びを展開していくことができるのですね。

(広報担当:Y.N)

〇ご利用になりたい方、内容についてのお問い合わせ先はこちらです。
お問い合わせ先

〇ベビー&キッズシッターサービスの内容と料金はこちらです。
サービス内容と料金

〇 ベビー&キッズシッターなどの仕事をしたい方の求人情報はこちらです。
求人情報

関連記事

絵本 ティラノサウルスシリーズ [おまえうまそうだな」&「おまえうまそうだな さよならウマソウ」

絵本 ティラノサウルスシリーズ [おまえうまそうだな」&「おまえうまそうだな さよならウマソウ」

絵本作家、宮西達也さんによるティラノサウルスシリーズが2023年に20周年を迎えました。宮西氏は2003年から20年間の間に16巻のティラノサウルスシリーズを出版し、シリーズは今や世界的に大人気! アメリカ、フランス、中国、韓国などで翻訳出...

Pin It on Pinterest

Share This