公園に遊びに行く 【ベビー&キッズシッターの保育記録より】

05-20-2022

公園に遊びに行く 

2歳の女の子、Eちゃんを連れて近くの公園に遊びに行くことにしました。
まず、公園に行く準備をします。
持ち物は、ティッシュと小さなタオル、おやつと麦茶を入れた水筒も用意します。

くつ下をはかせようとすると
「いや~ じぶんで~~」と泣き声になりました。
そこで「わかった。自分ではきたいのね。」と、くつ下をはきやすい向きにして手渡ししました。でも、どうしてもうまくはけず、また泣き顔に・・・。
「ちょっと手伝っていいかなあ?」と聞くと、「うん。」とすなおにうなずきました。
最後にキュッキュッと上げるところをEちゃんが担当。「うまくはけたねえ!! すごいっ!」とほめると、本当にうれしそうな笑顔になりました。

準備完了 そして出発

シャベルとバケツ、シャボン玉セットなど、外遊びグッズも用意して出発。公園までバギーで行きました。
途中にEちゃんの大好きなワンワンのいるおうちがあります。今日もEちゃんが「ワンワン!」と大きな声で呼ぶと、尻尾をふって門のところまで来ました。ワンワンもEちゃんのことが大好きなのですね。
ワンワンと遊んだり、お花を見たりしながら、何度も途中で止まりながら、Eちゃんを乗せたバギーはやっと公園に着きました。

やっと公園に着いた

ブランコに乗ったり、おすべりをしたり、全部の遊具で一通り遊ぶとEちゃんは、お砂場へ。Eちゃんが一番好きなのは砂遊び。この公園の砂場は抗菌砂を使っていて管理も行き届いているので、安心できます。お山を作ったり、ケーキを作ったりして遊びました。
しばらくすると同い年くらいの女の子が来ました。Eちゃんの持っているシャベルがほしそうで、じっと見つめています。
どうしようかな? と一瞬迷いましたが、「Eちゃん、今度はシャボン玉しようか?」と誘ってみました。
お片付けをして、女の子にバイバイをしてから、シャボン玉をして遊びました。
空に高く高くのぼっていくシャボン玉をじ~っと見上げているEちゃん。そのうち、にっこり笑うと、シャボン玉をパチンとつぶそうとしました。なかなかシャボン玉に手が届きませんが、キャッキャッと笑いながら、ふわふわ飛ぶシャボン玉を追いかけていきます。

時計を見るともう11時半。そろそろお昼ご飯の時間です。
「Eちゃん、もうおうちに帰りましょう!」
想像していた通り「イヤ~~」と、泣き声に。言い方が悪かったかな?
「ワンワンがいるか見てみようか?」と言うと
「うん。」こくんとうなずきました。

そして夢の世界へ・・・

バギーに乗るとなんだかとても静かです。
あれ? Eちゃん、もう夢の世界に・・・。
バギーは、今度は途中で止まることなく、家に向かいました。

(ベビー&キッズシッター Y.N)

〇ベビー&キッズシッターサービスの内容と料金はこちらです。
サービス内容と料金


〇ご利用になりたい方、内容についてのお問い合わせ先はこちらです。
お問い合わせ先

関連記事

ワンオペ育児の力強い味方

ワンオペ育児の力強い味方

突然始まったワンオペ育児の悩みをベビー&キッズシッターの利用で乗り越えられたというご利用者様の嬉しい手記です。 夫は子育てに協力的...

保育マインドが起こした奇跡 【スペシャルニーズサポートを必要とするお子さまとの10年の歩み 2】

保育マインドが起こした奇跡 【スペシャルニーズサポートを必要とするお子さまとの10年の歩み 2】

スペシャルニーズを必要とする発達障害のあるAくんと、ベビー&キッズシッター N.Fさんは10年間ともに歩いてきました。3歳になったAくん。日々の保育マインドに溢れたかかわりが色々な奇跡を起こします。 雨降りの日の楽しいできごと...

Pin It on Pinterest

Share This