コロナ禍の中でも心が温かく通う 【ベビー&キッズシッターのエピソードから】

01-14-2021

「Tさん、そんなかおしていたんだね!」コロナ禍の中、ベビー&キッズシッターがうがいをするためにマスクを外すとお子さまから出た言葉。「コロナだからしかたないよね。」というお子さまの言葉に元気をもらったベビー&キッズシッター。コロナ禍の中でもお子様と温かく心の通うエピソードです。

「コロナ禍の中でベビー&キッズシッターを依頼して大丈夫?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。
コンビスマイルは「緊急事態宣言再発出に伴う事業活動方針」を定め、ベビー&キッズシッターによる新型コロナウィルスの感染防止に努めております。詳しくはこちらをご覧ください。

「Tさん、そんなかおしていたんだね!」

マスクを着けたままの保育が長くなったある日。
急遽ベビー&キッズシッターに行くことになり、お迎えから帰宅した時のことです。
靴を脱ぎ、洗面所へ直行。一緒に手を洗いました。
続いてうがいをするためにマスクを外すと、お子さま(4歳女児)は、ベビー&キッズシッターの顔をじっと見て
「Tさんそんなかおしていたんだね。」と。
笑いをこらえて、マスクをつけてから「そうなのよ~。」と答えました。
(T.T)

マスクを外して初めて顔が分かる! 緊急事態宣言が発令される中、こんな日々が続いています。
お子さまの無邪気な言葉にベビー&キッズシッターの気持ちも和んだことでしょう。
「マスクをつけてから会話をする。」安全に十分気配慮した保育をしている様子が伝わります。
(Y.N)

「コロナだから仕方ないよね。」

昨年はWITHコロナの一年でしたが、その中で子どもたちの笑顔に救われました。
一時は幼稚園や学校へも行けず、家の中でほとんど過ごしましたが
「コロナだから仕方ないよね。」と元気に過ごす子どもたち・・・。
幼稚園、学校が始まると、一日の楽しかった出来事や歌や踊りを披露してくれて、私も元気をたくさんもらいました。
そのおかげでストレスもほとんどなく過ごせ、またいろいろなことに気付かされる一年でありました。
(K.S)

2020年の思い出です。
お子さまたちの笑顔がベビー&キッズシッターに元気や気づきをたくさんプレゼントしてくれました。
2021年、ベビー&キッズシッターからもお子さまたちに、WITHコロナの日々であっても安心で楽しい時間のプレゼントを続けていけるように心がけます。
(Y.N)

(写真と本文の内容は関係ありません。)

関連記事

ベビーシッターの資格

ベビーシッターの資格

子育てが一段落、特に資格を持たない私が、何か社会の役に立つ仕事をしたいと思って、探し出したのがベビー&キッズシッターの仕事。子育て経験を生かして、自分のできる時間に家事と両立しながら、できそうです。...

Pin It on Pinterest

Share This